土地の価格は4つ?

NO IMAGE

NO57

令和3年3月24日に土地の「公示価格」が発表されました。

東京圏、大阪圏、名古屋圏の三大都市圏の住宅地も商業地もすべてマイナスでした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、外出自粛や訪日客急減に伴う飲食店や小売店などの不振が地価を押し下げたようです。

ところで実際には同じ土地なのに目的に応じて、4つもしくは5つの異なる価格が存在し、これを「一物四価(五価)」といいます。

例えば災害などの影響で土地の価格が下がってしまったりする場合もありますので9月下旬に公示価格の補足として「基準値価格」が公表されたり、固定資産税や不動産取得税の基礎となる「固定資産税評価額」とか相続税評価のための「路線価」があります。
ちょっと難しいですね。