好立地がマイナスに・・

NO IMAGE

今回のコロナ禍では、まさかの結果が生じました。

それは、立地の良い店、言い換えれば「好立地店舗」が苦境に立たされたという事です。

これは誰も想像できなかったことだと思います。

日本を代表する好立地と言えば、東京銀座ですね。

好立地は人流が抑制されて人が集まらなくなり家賃負担だけが重くのしかかりました。

名古屋市内も同じで中心地の人出は大きく落ちました。

コロナ禍で学んだ一つに「家賃負担」は経営を左右する事態が突如として怒り得るという事ですね。

固定費は見直すことも必要ですね。