NISA(ニーサ)とイデコについて

NO IMAGE

今は、自助、共助、公助の時代です。

その意味は、最低限は自分たちでやってね!という政府のメッセージとして捉えることも出来ますね。

老後2,000万円問題は大ごとになって急遽姿を消した感がありますが、国民は敏感に反応しています。

このままの日本ではちょっと不安?いや、相当不安という声が出てきているのも事実ですね。

そこで今は、ニーサやイデコなどで資産形成や資産運用されている方が増えていますね。

イデコは年齢の制限がありますがニーサは調べて見るのもいいかもしれませんね。